車買い替え タイミング 車査定

愛車の買い替えをするタイミングをいつにするかは、コストパフォーマンスの高さを考える必要があります。長所と短所を比較して自分にとって適切な買い替え時期を見計らい、車査定に出して次の車の購入を検討するのが最も良い方法と言えます。ここでは、愛車を査定に出す適切なタイミング等を説明しています。
MENU

車の買い替え年数を考える!愛車を査定に出す適切なタイミングは?

自動車の買い替え年数を考える!自動車査定に出す妥当な時期とはいつが最もベストなのでしょうか?

 

車の買い替えをするタイミングをいつにするかは、費用対効果の高さをしっかりと吟味する必要があります。

 

通常、車が古くなるほど査定価格は安くなってしまう事になるため、早い段階で売るに越した事はありません。

 

しかし、買い替えの時には費用もかかる事から、条件によって最適なタイミングが異なります。

 

メリットデメリットを理解して自分にとって一番適切なタイミングを見つけ出し、愛車査定に出して次の車の購入を検討する事が最も良い方法と言えます。

車が古いと車査定の価格が下がるのは本当?

車は年数が経つほど車査定を受けた時の価格が下がります。

 

中古車販売業者は、車を買い取った後で適切な整備を行い、中古車として売る事で利益を得るのが一般です。

 

高く早く売れるクルマほど高額で買取をしますが、売れる可能性が低かったり、低価格で売らなければいけない車だったりするほど、査定価格を低くせざるを得ません。

 

また、車のメンテナンスをする必要性が高いほど、部品を取り寄せたり整備の人件費がかかったりする事から、販売までにコストがかかるので査定価格は安くなります。

 

特別に人気のある車種の場合には、古くても高額で査定される事もありますが、基本的には業者が利益を得られるように査定を行うため、車が古いほど車査定の価格は下がると言えます。

自動車の買い替え年数とは?

自動車の買い替え時期は何年が適切かはケースバイケースですが、車検車の買い替えを考えるタイミングとしてよく選ばれます。

 

新しい車を購入して三年目に最初の車検を受ける事になりますが、この時点では自動車査定の価格が高いので思い切って買い替えをするのに適しているタイミングです。

 

まだ新しくてもったいないと言うのも最もであり、車検を通して五年目の車検で再び検討する事も良くあります。

 

この時点では一般保証が切れるため、故障した時の修理費用が高くなりがちであり、買い替えの時期としては適しているのです。

 

それでも延長保証を利用したり、頻繁にメンテナンスを行ったりしていれば、問題なく乗り続ける事が可能です。

 

この次の車検の七年目になると部品交換をしなければならないケースが多く、大々的な整備が必要になるのが通常です。

 

この時点でも、まだ乗り続ける事は可能ですが、車検を受ける度に整備コストが高くなる傾向があるため、この辺りで通常は買い替えをする事になります。

 

また、十三年目になると自動車税が割増になる税制になっているので、この時までに買い替えを検討のが賢明と言えます。

愛車を買い替える最大のメリットとは?

自動車を買い換える良い点は、自動車が新しくなって快適に運転出来るようになる事です。

 

家族構成に合わせた車に買い替えれば、ライフスタイルに合わせて利用しやすくなります。

 

一般的には、燃費も良くなっているので燃料コストも削減出来るようになり、整備にかかるコストも暫くの間ほとんどかからないので、ランニングコストが減るのも利点です。

 

新車になって気分も一新されるため、車を積極的に活用する充実した毎日を過ごしやすくなります。

愛車を買い替えるデメリットとは?

車を買い換えるデメリットとして代表的なものが三つあります

 

買い替えには大きな費用がかかる

買い替えには大きな費用がかかるのが当然の事ですので、十分に時間をかけて予算を用意しておかなければなりません。

 

車の仕様に慣れなければならない大変さ

新車に買い替えると、その車の仕様に慣れなければならない大変さが生じる事もあります。

 

購入するのに最適な車を探さなければならない労力

買い替えのために車査定を受けて買取業者の比較を行ったり、購入する店を回って購入するのに最適なクルマを探さなければならない労力もかかるのがデメリットです。

車を買い替えるのに必要な費用とは?

車を買い換えようと決めたらお金の準備をしなければなりません。

 

車の本体価格に消費税を加えた金額が必要になるのは当然ですが、それ以外にも税金を中心とした諸費用がかかります。

自動車税自動車取得税自動車重量税などの税金を納める必要があります。

 

また、自賠責保険に加入する事が義務付けられているため、自賠責保険料を払う必要があります。

 

購入の際に、販売店に代行を依頼した場合には車庫証明費用納車費用がプラスされるのが一般的です。

 

検査登録届出についても代行コストがかかりますが、これらの代行コストについては自分で行えばコストはかかりません

 

一方、買い替えの際には廃車も行わなければならない事から、リサイクル法に関わる費用がかかる事になります。

しかし、車査定を受けて買い取りを依頼した場合には、その買取り価格分だけ収入を得る事が可能です。

 

このバランスを見て買い替えに必要な予算を準備する必要があります。

貴方の予定や都合に合った車の買い替えを行いましょう!

買い替え年数はどの程度が適切かはケースバイケースであり、最適なタイミングを見計らう事が大切です。

 

査定価格が比較的高いうちに買取を依頼して、新車を購入した方が快適になるのは確かですが、その際に費用も手間もかかる事は否めません。

 

車検を通して適切な整備を行い、長期間乗っていけるようにする事もやはり手間がかかります。

 

買い替えの考えるタイミングとして車検の時期を選び、車検費用と買い替えコストとのバランスを考えて最適なタイミングを見計らうのが賢明です。

外車を高く買い取りしてくれる業者ランキング!

外車やスポーツカーが得意な外車王

外車王の特徴

外車王は、国外のクルマを専業に取り扱う買い取り店になります。
カレント自動車株式会社が運営していて、輸入車販売のお店やメンテナンス工場も自社グループの1つとなっています。



  • 外車王の査定担当者は、輸入車の査定について素晴らしい経験を持っています。
  • 各輸入車の価値を明確に評価し査定出来る事が、高額査定と言う結果に繋がります。
  • 外車王では買取った自動車を系列店で中古販売しますので、余計な手数料などが不要なのが良い点の1つです。
  • 自社グループの工場を活用して車の整備が出来る事から、再び市場に車を出す際のコストを大きく減らす事が出来ます。

価格 査定調査価格 0円
評価 評価5
備考 都道府県一社限定の買取店のみが対応するために一括査定ではありません。

Goo買取公式サイトで無料査定を依頼する方はコチラからご覧下さい。

Goo買取の特徴

Goo買取は、クルマを売却したい時に買取相場を調べたり、査定金額を問い合わせたりする事が可能なサイトです。
簡単査定を実施出来るのが特徴であり、完全無料で利用出来るようになっています。


価格 査定価格調査費用 0円
評価 評価4.5
備考 Goo買取では自動車査定を行えるサイトですが、個々に車買取業者を指定して査定をお願いする事も出来ます。

ズバット車買取比較公式サイトで無料査定を依頼する方はコチラからご覧下さい。

ズバット車買取比較の特徴

一回で最大10社の査定をする事が出来るので、相場を知るのと同時に、より高く買い取ってくれる業者を見つける事が出来ます。
有名業者から地域密着型の業者と約200社以上が参加していて、国内最大級である事も特徴です。


価格 査定価格調査費用 0円
評価 評価4
備考 カスタマーサービスがあるので、メールだけではなく電話での対応もしてくれます。

カーセンサーネット公式サイトで無料査定を依頼する方はコチラからご覧下さい。

カーセンサーネットの特徴

カーセンサーネットとは、株式会社リクルートホールディングスが運営している、中古車情報サービスのサイトの事です。
愛車受け付け、申し込みを簡単に出来ます。電話する必要がなく、メールのみで申込できるので3分程度で出来ます。


価格 査定価格調査費用 0円
評価 評価3
備考 カーセンサーネットは査定価格の連絡をメールだけで受けとれるサービスがあります。

カービュー公式サイトで無料査定を依頼する方はコチラからご覧下さい。

カービューの特徴

カービューのサイトでは一括査定サービスを行っていて、これから愛車を売ろうと検討している人にとってとても便利なサイトです。
簡単な情報入力だけで、買取り査定業者に無料で見積申請する事が出来、参加している買い取り業者の数も利用者も多く国内最大手のサイト。


価格 査定価格調査費用 0円
評価 評価3.5
備考 口コミサイトも運営していて、利用者の声と共に利用者の査定価格も知る事が出来ます。
このページの先頭へ